D2Cとは?日本とアメリカの事例を紹介。生産者・ユーザーファーストだと実感できる販売モデルだった!

D2Cという言葉が頻繁に使われるようになってきました。言葉は知っているけど、ぴんと来ていない人も多いのではないでしょうか?

事例も含めてなるべくわかりやすく解説していますので参考になればと思います。

D2Cとは?

Direct-to-Consumer(D2C)とは、消費者直結型の販売モデルのことを言います。

もう少しかみ砕いて言うと、Direct to Consumer という言葉の通り、流通業者(商社、小売店、セレクトショップ)などの他社を介さず、商品を製造する企業が自ら直接商品を自分たちのお客さんに売る業態といえます。

多くの成功しているD2C企業は自社で企画から製造、ブランディングまでを実施しています。広告(SNS、インフルエンサー、SEO)を駆使するところも一つの象徴です。

なぜ注目を浴びているのか(D2Cのメリット)

自らのプロダクト、サービスを提供するために、流通業者や卸業者、小売店を介さないというのは、インターネットを生業としている企業では当然の手法ですが、なぜ、今注目を浴びているのでしょうか?

まとめると、大きく2つです。

  • ECサイトが簡単に構築できるようになった
  • コスト削減と、品質向上

1つ目のECサイトの構築については、昔よりもより簡単に自分たちのECサイトを作れるようになりました。ECサイトを作る用のプラットフォームサービスも出てきています。

以前は、普通の企業であれば、SIer 経由でサーバを購入するところから始まりましたが、今は、パブリッククラウドを使うのが当たり前になり、ECサイトの構築スピードもコストもインフラ面では圧倒的に向上しています。システムのインフラの運用保守費用が削減できるようになり、予算を違うことに充てることができるようになりました。

アプリケーションの作成は今でも必須ですが、ECサイトの決済部分以外であれば、小さい企業でも作成可能です。

自分たちのECサイトをより簡単に安く作成できるようになったことで、浮いたコストと人員で、自分たちの商品の向上を図れるようになります。

ECサイトで注文を受けた商品は、配送業者によってお客さんのもとに届くようになり、今までのように商社、小売、流通業者が必要ではなくなりました。

直接お客さんとつながることで、消費者の購買状況や利用状況もわかるようになったので、ユーザーのフィードバックが直接自分たちに届くようになり、品質向上や新サービス・プロダクトのリリースも可能になりました。

また宣伝費用も、昔のように、テレビ、新聞に公告を乗せるために公告代理店を通さなくても、Google に直接広告費用を払えば宣伝できますし、SNSを宣伝媒体に使うことも可能になりました。

テレビや新聞に回していた費用をインターネットで配信可能になり、より普及しやすくなったともいます。

こういった理由でD2Cが注目されています。

次に事例をいくつか紹介します。

事例(日本・アメリカ)

すでに知っている会社も多いかもしれませんが、参考までにいくつかアメリカと日本の事例を挙げてみます。

アメリカ のD2Cサービス例

  • Bonobos(男性衣料)
  • Warby Parker(メガネ)
  • Dollar Shave Club(カミソリ)
  • Casper(マットレス)
  • LeTote(女性衣料)
  • ThirdLove(女性衣料)
  • ScentBird(香水)
  • Glossier(化粧品)
  • Peloton(家庭用エアロバイク)
  • Quip(電動歯ブラシ)
  • HARRY’S Edgewellk(カミソリ )

家庭用エアロバイクのPelotonは違う記事で深堀しています。

続いて日本の事例も紹介します。

日本国内のD2Cサービス例

  • FABRIC TOKYO(スーツ)
  • BULK HOMME(男性用化粧品)
  • Factelier(衣料)
  • feast(女性衣料)
  • snaq.me(菓子)
  • Minimal(チョコレート)
  • BASE FOOD(食品)

BULK HOMME は購入したことがある人も多いのではないかと思います。

こうやって業界を見ていくと、様々な業界で通用する概念で、生産者・製造会社が本来やりたかったことを実現すると、結果D2Cといわれるようになったようにも見えます。

香水やアパレル、眼鏡などは個人により沿った形で提供されたほうが嬉しいですよね。スーツで言えば、日本の事例にある「FABRIC TOKYO」は、個人の趣向により沿ったスーツを提供してくれます。お手頃でオーダーメードスーツを提供しているので、業界注目度も高いです!

BULK HOMMEを使ったことのある男性も多いはずですし、気づかずうちにD2Cブランドは普及しています。

ZOZOTOWN ZOZOスーツも、お客様それぞれに合った服を、ZOZOTOWN 経由で直接提供することができたので、いい線をついていたのかもしれません。

日本市場で期待しているもの

日本市場で期待しているのは、日本酒です。

日本酒は、精度、旨さのわりにあまりに安すぎます。また、地方に旅行に行くと、聞いたこともない地酒があり、試しに飲んでみると「おいしい」という経験が多くあります。

今までは、マーケティングがうまくいっていなかったのかもしれません。また、販売ルートも小売り業者が入り、自分たちの思い描く日本酒像で販売できなかったのではないでしょうか?

これから D2C を導入し、世界でも評価されてきている日本酒が、世界進出をどんどん果たしていくかもしれません。さすがに海外に進出となると関税や輸送の問題で流通業者、商社を通したほうがいいと思いますが、昔よりはコストを抑えられるはずです。

うまくブランディングできれば、ワインのようにより高級な日本酒が出てくるかもしれませんね。

おまけに日本酒の試飲会に行くとかならず行列になる日本酒を紹介します。

福井のお酒「」です。梵には、いろいろと種類がありますが、特におすすめなのが、超吟のこちら。

でもやっぱりリアル店舗はいる

話は戻って、D2Cですが、直接お客様に商品を届けられるようになったからと言ってリアル店舗が不要になったわけではありません。

VRが進めば、話は変わってくるかもしれませんが、やはり体験に勝るものはないはずなのです。

D2Cの有名な企業もリアル店舗を構えています。

家庭用エアロバイクのPelotonがいい例です。リアル店舗では、家庭用エアバイクとエアバイクで参加できる、クラス(エアロ教室)を実際に体験することができ、売り上げに貢献しています。

詳しくはこちら。

Peloton(ペロトン)エクササイズバイクで上場!本当のすごさとや日本市場への進出は?

まとめ

既存の流通システムを無視して、大中小問わずどんな会社でも取り組めるDirect-to-Consumer(D2C)は、今後当たり前の販売モデルになるはず。